着物をリメイクをする ドレスやワンピースなどに作り替え場合の 一番最初に着物を解く工程が大事です。 解き方は着物が縫い上がる順番の逆に戻ります。

着物の表地と裏地を分けて 離れた生地をつなぎ合わせ、生地の不足している部分は別生地を当て 一本の反物に戻して ゆのし、クリーニングに出します。

ドレスにリメイクする場合は柄をどのように生かすのかが 大事なので、汚れなど点検します。 柄の使用方法によってデザインを工夫します。

着物地全体が、重く感じられる場合は、服地との組み合わせをお薦めいたします。

着物地のドレスは音楽をご指導されている 先生方の発表会、演奏会用ドレスに大変評判が良いです。

柄が一枚、一枚違う事と 絹の質感が格のあるドレスに生まれかわります。