モダンな柄 着物でも、ドレスでも、使えるようにした絵付け柄をドレスにしてみました。

最近は和装独特の古典柄よりも モダンな柄の着物をお召しの方も見かける様になりましたが モダンな着物柄を着こなすには やはり着慣れた風格が要求されますね。
着物の絵師の方々も 今はお客様に合わせた絵柄を描く事も、意識されています。

今回は 着物でも ドレスでも どちらにでも合うような絵柄を描いた反物を預かり
ドレスにしてみました。(作り替えではないのでリメイクではありません)

2010_0209kurokiji10005

着物の反物地を並べて 柄の続き合わせています。 モチーフは花火をイメージしています。

地色のぼかしのブルーは、生地が着物地であることから
厚みと色の染がどうしても和のイメージになつているので
全体にパープル系のオーガンジーを重ねて ブルーの色を押さえました。

2010_0301saidann0010

ドレスにする時は、生地表面に光沢があると、ドレス生地に見えますので 柄を強調しなくても良いと思います。
シャンブレーのオーガンジーは タックやギャザーの集まる部分で色が変わり 表現が広がります。 広がりがあると ドレスに要求される動きのある部分が表現出来ます。

モダンな柄も 着物地に描かれていると 生地の厚みと染の関係からか やはり和装の匂いがどうしてもありますので ドレスの洋装にする場合は、
いつも生地表面のイメージを変える事から始めています。