着物からドレスへのリメイクの一例を提供させて頂きます。
訪問着や付け下げなど、柄が大きくはっきりしたは着物はフォーマルな装いで 特別な時にしか着る事ができませんね。
機会がないとそのまま箪笥で眠っていませんか 思い切ってドレスにリメイクなさいませんか?

StudioMario
叔母からの頂きものの訪問着です。 2,3回着たのでしょうか?痛み、汚れはなくドレスにリメイクをしてみたいので と頂いて来ました。

yutani-drf

ドレスに仕上がった様子です。

演奏などをされていない方は ドレスをお召しになる事も少ないかと思いますが
昨今はお食事会やクルージングなど、少しづつパーティーを取り入れた催しも行われるようになって来ています。

ロングドレスではなく ミディー丈のドレスを着物地からご用意されていると大変重宝いたします。

着るのが楽 身軽に持ち運べる そして着物地は生地も柄もそれなりに風格がありますので ミセスの方々にはとてもお似合いになります。

着物地からドレスにリメイクをする場合のポイントは 着物地だけでリメイクをするのではなく
着物地プラス服地を組み合わせるとドレスの雰囲気になります また、見た目にも品がありお薦めです。

着物の地色や柄は、和装に合う色、柄になっていますので
そのままリメイクとして作る場合は 着物の匂いが強すぎる場合もあります。注意が必要ですね。

そんな時に柄の表面を変えると 面白い風合いや見た印象も変わり たのしいリメイクになります。

どのような着物地も総てドレスにリメイク出来るものではありませんので
柄だけを生かすパーツ使いなどに工夫されてもよいでしょう。

一つ身や、四つ身の子供の着物などの柄は鮮明ではっきりした柄が多く ワンポイントとしてウエストやジャケットの肩辺りに使用されても良いと思います。