黒留袖から、黒留袖風のドレスにリメイクしました。
黒留袖をお召しになれないので、その雰囲気を残したドレスに仕上げました。

着物の様に、おくみ、前身、後身の裾柄をつなぎ合わせていますが 全体のシルエットから裾柄が合わない処もありますが ドレスとしてみると気にならない様に仕上げています。

800-kimonomae

元の黒留袖のようすです。

DSCF1621

リメイク後のドレスの様子です。

ドレスの場合は 着物の時の襟部分のボリュームや帯の華やかさがないので
左肩に八掛部分の柄を置き、華やかさを出しています。
袖口には 大事にされている家紋を残しています。
家紋が、強調しないようにタックダーツの内側に入れました。
襟ぐりは お持ちのネックレスに合わせた襟ぐりに仕上げて パーティー向きにしました。

もう一つおまけがあります。

kurohuriru-1

結婚式の、お式用に襟もとを開けない無いようにと
シルクシフォンのショールをお付けしています。

ドレスの場合は 襟ぐりの開き、を多めにしますが 黒留袖のイメージを重視しすると
襟ぐりの開き具合は大変難しいものになります。
お式は、厳粛な清楚さが大事になりますので襟ぐりを飾る 取り外し可能なショールを作りました。

大事なご子息様の結婚式の為 黒留袖を以前より用意されていましたが
帯が締められないご様子となり 急遽ドレスにリメイクをさせて頂きました。