和柄の強い着物生地を利用したリメイクドレスの1例です。

和柄は モチーフ柄や、色に特徴があり そのままドレスに使用すると、いやな印象のドレスになりますので 工夫をする必要があります。

これは以前に作ったドレスですが 柄がはっきりしているので 随分、生地とにらめっこをして作りました。

wagaradoresu-2

この生地は昭和初期の長羽織の裏生地を利用しました。 羽織裏地では袖丈も長く利用できる要尺が十分ありましたので 使ってみる事にしました。
はっきりした和柄になっていますので
無地の服地(ジョーゼット)との接ぎ合わせで作っています。

ドレスの面積部分、着物地半分、無地ジョーゼット半分の要尺の使用になっています。
和柄の部分は、ダークエンジのオーガンジーを重ねていますので 羽織裏地特有の白さを押さえて ジョーゼットの色に合うように、まず生地色を変えて作っています。

着物の色、柄は和の伝統色が生きていますので リメイクする物によって、色の調節はは大変重要になります。

着物生地をそのまま利用しない事が、リメイクをする上で大事になりますね。

ドレスの特徴の軽さも合わせて作っています。