昭和初期の黒留袖 上前、下前に柄が置かれ 今日見られなくなった柄の置き方です。  柄や色彩も 今とは違った基調な柄になっています。 細部まで丁寧な手描きの留袖です 今日に通用する物はなにかと検討しながら、リメイクを考えます。

2008_0718siage0018

こちらが 元の黒留袖の図柄です 両前に同じ柄があり 中の部分の着物幅をつめて写真撮りしています。 色合いも昭和初期の風合いです。

2008_0827kimono0012

着物を解体して ゆのし上がりの反物の柄の配分を検討しているところです。

八掛部分にもしっかりと 柄が置かれていて 表と裏の柄ゆきが違うので 今回は表生地のみを使用します。

柄をどのように生かすか の時間は慌てては失敗になりますので この部分には十分な時間を費やす様にしなかればなりません。 この段階ではまだ デザインは決まっていません。