羽織裏の図柄は時代が古いほど 面白い物が多いですね  特に男物に多いですね。

表生地程の厚みが要らない物で何かを作ろうと思って、着物生地を探すと 羽織裏に面白い物が多く存在しています。 特に、古い着物の方が 裏地に凝ったものが多くあります。

贅沢禁止令(奢侈(しゃし)禁止令とも呼び 歴史上の時代には時々出る禁止令です。最近の禁止令は 第二次大戦、戦前、戦中のものではないでしょうか
そのころの衣装は外側は地味で、目だだ無いように仕上げ 内側に凝った絵柄や色彩の物を取り入れ、おしゃれを楽しむ事が粋だったのではないでしょうか。

それらの凝った意匠感覚が裏地や長襦袢に利用されて 面白い、遊び心として 今日はアンティークとして重宝されています。

表地よりも 裏地の方を高価に、手を込んで仕上げた物も数多くあったことでしょう!

今日の裏生地とは、比較にならないほど意匠が素晴らしい物が多くあります。

IMG_0086

昭和初期頃に作られた 羽織の裏生地になります。

IMG_008511

最近の羽織裏の生地裏です

着れば見えないから と安価にしてしまっているのが最近の裏地になります。
昔の、着物だけの生活の中では 色々の所にこだわりを取り入れ遊び感覚を楽しんだ事でしょう。

小物、バックなどの内側の生地として使用する場合は 開けた習慣に洒落た図柄が飛び込んで来る方がどんなに楽しく、面白い事でしょう と 生地を色々触り、探しています。
ただ 裏生地用は、絹匁が軽いので 面白い図柄でも生地が薄いのが難点になります。
使用する場合は生地を強固にする必要があります。
芯貼りをするか 表面にコーティング生地を重ねるかしないと せっかく手に入れた生地を痛めてしまいますので 注意が必要ですね。