昭和初期の黒留袖(両前身頃に柄があります) 柄行きが強く どのようなものに向いているのかが、まだ、迷っている段階で 全体の色を押さえる事から検討します。

2008_0910hukuro0060

両前のおくみの柄を中心に合わせて(柄は左右対称になります) 全体にロイヤルブルーのオーガンジーを重ねてみました。

オーガンジーの持つ光沢が、時には柄に光が当たり、柄をぼかしたように見え、強い印象の和柄が柔らかくなってみえます。 地色の黒も強いので 地色共、ソフト感が出ています。

色々、図柄から考案した結果 コートの後ろ部分にのみ使用してみではどうかと思いました。

2008_0919moderu100032008_0919moderu10004

コートの前部分には 着物の柄は置いていません。
後ろの裾部分にのみ 柄を集中させて置いてみました。
袖、襟、ベルト部分は畝模様のある服地のシルクを使用しています。

展示会用、ショー用の、着物地のコートになりました。

着物柄を前部分に使用していませんので 単なるコート着用スタイルになっています。
後ろもウエストより下に、柄を配置していますので 和柄コートとしての違和感があまり感じられません。  お洒落なコートとしてお召しになれます。

着物地を洋服のアイテムにリメイクする場合は 着物地を全部使用しないで 何か、別の素材とのコンビで作る方が 違和感のないアイテム製品になりやすいです。

手描き友禅 や付け下げ訪問着などは 着物としては柄の見事さで勝負になりますが そのような着物地をリメイクする場合は 柄の一部分だけを使用する方が洒落た製品になりますね。