縮緬の長襦袢からブラウスにリメイクしました。我父が生前、愛用していました長襦袢、生地も柔らかくなっていて着心地がとても良いです。

縮緬の長襦袢はもともと柔らかい素材ですが 年数も経て、より柔らかくなっていましたので
ブラウスにリメイクをして 2代にわたり私も愛用していました。 結構長く着用しましたが
生地むせがでてきましたので そろそろ限界ですが もう一回小物に変身出来るかとおもっています。

IMG_0079

ブラウスの仕立てで エリ、前立ては芯貼りをしています。
縮緬の生地は熱などには弱く縮みやすいものですが 年数が経ている生地は 生地にゆがみが出ません。
多少の縮みもアイロンで伸びますので 心配なくリメイク出来ます。

絹地なので 軽く、肌触りが良く、着心地の良いブラウスになっています。

ふた昔になりますが 我父の着物姿は、仕事から帰ると すぐ着物に着替え庭をふらつき(田舎なのでただ広いだけ) 書物を片手に囲碁をさし そのまま銘々の夕食の御前が用意されて食事をしました。 テーブルでの食事はその後 となり そのような時にはもう着物ではなく 洋服が普段着になっていました。
当時はどのような着物を着ていたか、関心なくすごしていましたから、よく覚えていませんが たぶん紬で長襦袢も着ていた思います。 その中の一着だったのでしょう。 洗い張り後の反物になって箪笥にしまってあったものを頂き このような、ブラウスにリメイクしてみました。

父も愛用していと思うと嬉しいものがありますね。

リメイクは 思い出も一緒に呼び覚ましますので 再利用できるものは末長く愛用していただきたいですね。