昭和40年代頃までは、日常時に着物姿がまだ見られたものでした。 子供の入学式、卒業式などお祝い事には 着物(和装)の姿がありました。 そして着物の着付けなども 本人が出来なくても、母や義母、ご近所のどなたかが手伝ってくれて着こなしていたものでした。
それが 何時ごろか、急に日常生活の中から消えて行き
いざ着てみようとすると 一人では着れない、周りにも着付けが出来ない 美容院に駆け込むような状態になってしまいました。
そこら辺りから 着物は特別の日に着るもので そして着方も正装としての着方で、どんな人も和装雑誌に出ているような着方になってしまい 振袖、留袖、訪問着、袴など 本当にフォーマルな装いの着方になってしまったように思います。

それが原因なのかわりませんが 日常着から離れてしまい、自分で着れない事が一番のネックとなり、一気に着物離れが始まったように思います。

それでも 婚礼の支度として 着物は必要ぎりぎりラインの物は揃えていましたが 世代が変わると、母親が全く着物を着ないで過ごしている生活では、その娘達には 着物の必要性は皆無となっています。
このような状態から 着物を着る生活を取り戻すのは難しい事ですが 今日はお洒落感覚での着方が出てきていますね。  セーターを下に着て、着物を着るとか
着物通の方からはブーイングも出ますが それでも着物の良さを肌で触って知る事が大事だとも思います。

この着物にはこの帯、この羽織 となってしまうと 普段着、街着では遊び心がなくなり
また、決まり決まりで着物離れが起きそうですね。

大昔には歌舞伎物として 粋に着こなす事が流行りで だんだんと着物の着方や着あわせが変化していった 事なども有り 多少の変化の着方、羽織ものの変化があっても良いのではないかと思います。

その変化にあった 羽織ものを少し都合よく変える事もリメイクではないかと思います。

正装は日本の伝統文化であって 良い形として残っています。

街着は今の感覚に合う 着方、着物のリメイクが お洒落な装いになるのではとおもいます。
若い人達が遊び感覚で着ている着方はあなどれませんね。