黒のウール地に、着物生地をワンポイントアクセントとして使い、裁断物をピンワークしてみました。

ワンピースドレスの裁断物が同一の素材であれは ピンワークの必要はあまり必要ではありませんが ワンポイントになる配色の 位置や、分量の確認のためには ピンワークは必要な工程になります。
なんとなくパターン上で、切り替え位置を決めた場合 アクセント位置は 立体のボディーに合わせると、随分印象が違う場合がありますので 位置の確認は必要です。
仕上がってしまってからの バランスのお直しは大変な作業になります。

左身頃斜め と裏袖口に着物生地を利用してアクセント付けをしています。

DSC01493

これ位の分量では ちょっとしたハギレで十分、間に合います。
仕立て、では必ず芯貼りが必要です。

袖丈は七分丈で スカートは少し長めの、ウエストから75c仕上げになります。

ポイントなる赤の分量を生かす為に、ワンピースの切り替え位置、分量の配置に少し時間がかかりました。
胸ダーツや脇ダーツに切り替え部分が、かからないように切り替え位置を作りました。
これから 一気に仕上げに入ります。

お洒落なお出かけ着 や親しい仲間のランチ会やディナー会にお召し頂けます。