「着物地からドレスにリメイクする場合」の 着物生地の表面を変えることは、仕上がりの見た目の印象が、ドレスとしての違和感がない作り方をしたいからです。

ショー用にドレスをつくりました。

guri-nnkimono-1

ドレスとしての用途として 裾広がり、動きやすい、軽さを取り入れる為に
ジョーゼットの服地を間に入れています。
柄続きに重点を置く、着物の仕組みを多少ぼかして、別生地を挟み広がりを出す事で
ドレスの雰囲気を出す様にしています。
襟ぐり、袖、スカート部分のマチ部分をジョーゼット素材にしています。

デザインによっては 全部着物地使用の場合もありますが 演奏用ドレスなどに要求される
動きやすく、軽やかさを必要としたドレス作りでは
別生地との組み合わせが 印象の良いドレス作りになるように思います。

着物地をリメイクしてドレスにする場合は
用途によって(結婚披露宴、演奏会、船上パーティーなど)
作るデザインや作り方も違いますので 目的に合わせたリメイクが良いと思います。

※着物地にオーガンジーを重ねる時は 着物は絹地、オーガンジーはポリエステルなので 熱の温度は違います。 アイロン当てや、クリーニング出しには注意が必要です。