道行コート(着物地)からスカートへリメイクをしました。 もうこんな華やか着物コートは着ないと決心をして さて生地質も良く鮮やかな柄を生かそうと おしゃれなスカートを作ってみました。

和服の着物地は次の代でも利用されると 一般に大事に保管されてきましたが 生活様式の変化やそれぞれの仕事などがあったりして 日常生活からだんだん遠のいています。

余暇時間に着物を着てみましょう! のキャンペーンなどもありますが 着る事を遠のいてしまった人達は 着るという着付けから学ばなければなりません。

その事も大事ですが 着なければ大事に次世代に譲り渡そうと思っても 今のご自身が着ないようでは その気持ちは伝わりませんね。  もっともっと箪笥の奥にしまわれてしまいます。そして忘れ去られてしまいます。

そして 着物は年代に合った色や柄があります。

いずれ その時が来たら着ようと思っていたものが まったく着る機会がなく過ぎてしまう場合もあります。

次の代に譲り渡そうとした着物類は やはり良い素材であり大事な色柄でもあります。世代が変わってしまうと ごみとして扱われているのも事実です その大事な事に気付いて欲しいとHPを立ち上げました。

今回は赤地に黒模様の道行コート 一度も手を通す事もなくしまってあったものをスカートにリメイクをしてみました。

800-mitiyuki

コートの元の写真を忘れ 解体後道行コートに再現をしてみました。

600-yunosiagari

仕上がっていたコートを解体し総て生地をつなぎ合わせ 元の一本の反物につなぎゆのし、クリーニングに出し 仕上がってから スカートのパターンを合わせてみます。

600-tati

スカートのパーツをピンワークしてみます。 スカートとしての分量の広がりや 丈のバランスを確認します。

600-siagaris

こちらが仕上がりのスカートの様子になります。

色、柄が見立ちますので あえてロングスカートではなくノーマル丈のスカートにしました。

着物地は生地の巾が決まっているので 広がりの必要なスカートは別生地をマチ状態にしてはさみ混んで裾の広がりを出しています。 何か別生地(黒サテン地など)を挟むと2枚は作れます。お揃いの発表会や姉妹お揃いも素敵な装いになりますね。

一反の着物生地からスカート一枚では 反物もかなり残ります 巾着バックなど小物も作れますので 小物使用も素敵でお洒落ですね。

道行コート生地なので 生地は少し厚地(着物地はほぼ厚地)でしっかりしています スカートは座る事も考慮に入れると良く しっかりした生地の方がスカートなどに向いています。

着物のコート、羽織の柄は目立つ華やかな柄行きになっていますので 洋服としてリメイクしやすいものもあります。

日の目に合わず終わりそうな着物を再現する事にちょっと気をまわしてみてはいかがでしょうか?

面白い発見や 祖母、母と伝わった嬉しいお話しが広がる場合もありますよ。

リメイクの醍醐味は、世代を超えた楽しい話が広がる事ではないでしょうか!