北陸(石川、富山、福井)婚礼用の着物のお誂えは凄いです!

着物には 合わせ、一重、夏用 と一年をだいたい三通りで区分けをしています。

10月から4月~5月中旬辺りまで 合わせ、裏付きの着物
5月下旬~6月辺り と9月下旬辺り、裏なしの着物
7月、8月は絽、羅、麻の夏用素材

これらの着物を季節に合わせて 着るだろうとの事で 誂えて準備されていました。

中でも 夏衣装の物は 今の様に気温が高い日が少なかったので 夏の和装姿をみかけました。 夏場に、法事や家としての取り決めなどがあり 必要だったと思います。

しかし 今日は全く形態が変わり 夏の着物の衣装は全く必要がなくなりました。

季節に上手く合わせて織られた絽、羅の織物の需要は少なくなり その技術は洋服地に展開、織られています。

表地が透けて 下の長襦袢とのコントラストがとてもきれいな物でした。

夏の着物姿は凛として 爽やかさも感じていました。

さて それらの着物も どこの家でも、ただ箪笥に眠っているだけだとも思います。
何か 良い形でブラウスや小物などに復活させたいものですね。