品格の或る着物生地をドレスなどにリメイクする事は お困りの方々のご相談から始めました。

演奏会、発表会のドレスを主に制作していますが 若い人達向けのドレス(素材、色など)は 市場に出回り また、良く似たデザインが多く存在します。

ところが 先生クラス(指導者)の40才以上の方に似合う素材や、デザインがあまり見受けられ無いのが現状です。

教え子さん達とのコンサートなどで一緒に出演される時 「なにを着ましょうか?」と 相談された事がきっかけで 着物をドレスにリメイクをしてみました。

着物は 素材、色、柄により用途が決まっていてそれなりの品格をもっています。

着物の知識は 日本人はある程度、皆持っています。 日頃の生活の中での会話や なんとなく小さい時から見たり、触ったりの経験から知識を皆さんお持ちです。

どのような物をいつ着れば良いかも知っていますので 品の或る着物はフォーマルなドレスにするには最適と思い提案しました。

但し 着物をそのままドレスの形にする事は 大変な品格を落とします。 時には壊さなければ良かったの状態になる事もありますので注意が必要です。

着物の柄や生地、色は日本家屋の照明や畳などに合う様に作られたものですから そのまま使用すると 着物とも、ドレスとも どちらの顔にもならない 特殊な趣味的な着る物になってしまいます。 着物からドレスにしたいのか 単なる室内着で良いのかで作る工程も違ってきます。

※先ず ドレスに作り変える場合は 一度ドレス向きの風合いに(生地の表面を変えたり、柄の強い物は間に何か別の生地を入れるなどのプランを起こしてから、ドレスのデザインをイメージします) 着物のイメージを消す事からはじめます。

イメージを替える とは
一例、オーガンジーを着物生地に重ねると 光沢が出て着物の生地の風合いが変わります。
そして はっきりしている柄も曇りっぽく押さえられ ドレス素材の風合いに近づきます。
また、ドレスの場合は 着物の様に柄続きに重点を置かなくても良いので 広がりのある表現は動きのあるドレスらしい要素となります。

一着の着物生地を全部利用し、使い切ろうとすると 演奏用のドレスの場合は、動きのある軽やかさがなくなりますので 別生地を挟んだりの工夫するデザインが必要になります。

パーティー用ドレスは 着物生地を全部利用できますが 生地の風合いを変える一工夫が必要になりますね。

これらのリメイクは お客様のお持ちの着物からリメイクをいたしますので オリジナルの一点物の仕上がりになります。

演奏用ドレスにする場合は 特定の人(演奏者)にしか受け入れられませんので
ドレスを着る機会のない 一般の中年層の方々には この案を、結婚式にお召しになる留袖から ドレスにリメイクする提案もしています。

なぜなら 留袖のような一番格のあるお着物を リメイクして壊す事に大変抵抗がありますが お体が不自由は方々が結婚式に出たいが出席して着る衣装がないのとのお声を聴きました。
知人の間では 楽なお衣装で良いのですが お孫さんなどの身内の結婚式は やはり品格のある衣装がお薦めです。 それでご提案をしています。

体が不自由だから楽な負担のない物を普段お召しなっているのに いきなり 着物着て帯締めては 「欠席しましょう」 になってしまいますよね。
家族と共に お孫さんと共に楽しい時間を共有出来るのに
衣装ひとつで寂しい想いをする事が無い様にと願い 体調の悪い人や体の不自由な人にも楽に着れる こにような着物ドレスをお薦めしています。

既にお持ちの 思い入れのあるお着物からのリメイクを提供しています。

この着物からのリメイクは 親が作ってくれた お婆さん、おばさんなどから譲りうけた物で
想い出が次の代へと語りつなげられ 大事に扱ってもらえる嬉しい伝承に成ると思っています。

ドレスになるとフォーマルな範囲での作り込みになり なかなか着る機会も無いので 次のプランとして お洒落着 や街着 の少し気の貼らない分野への広がりも出したいと思います。

ここまでは こちらがオーダーを頂いて作る方法を提案していますが 自分で作りたいお客様もいらっしゃるので アドバイスをしながら ご自分で出来る所の作業をして 難しいところはこちらで受ける方法も楽しいプランではないかと思います。

リメイクする事は 思い出を楽しみ、そして語り伝える事 なのでしょうか!

あなたの思い出を再演出しましょう!