兵児帯の絞り柄をブラウスの裾と袖口にして制作してみます。

兵児帯の柄は帯の両端に有り 生地巾は50c~60c位 長さは4m前後あります。

一着のブラウスには生地は十分有りますが 柄を生かそうとするとデザインや配置などで十分検討する必要があります。

先ずパターンをきちんと作る事が一番大事になります。

その次に柄をどの部分に置く必要があるかで デザイン的な物が変わります。

無地の部分は接げばよいので 柄をパターン上の何処に置くかが一番のポイントになります。

兵児帯一本で作るのが大変な場合は 別生地との接ぎ合わせの方法もあります。

手の込んだ柄、技法は全面に表現したいですね。

お聞きしたい事などありました お気軽にお問い合わせくださいませ。