兵児帯からブラウスへの制作過程でポイントになる絞り部分で苦心をしています。

絞りは帯の両端に同じ模様が斜めに絞られていて 一柄は前身頃の裾部分に もう一柄は袖口に柄置きをしてみました。

身頃裾の絞りは体系に合わせて伸びますが 柄が斜めになっているので 生地を安定させてのに裏打ちにオーガンジーを貼り合わせています。

裏側のオーガンジーを合わせた状態 オーガンジーが伸びた状態まで生地が広がり着た人の体系に添うようにしています。

後ろ身頃とのつなぎ合わせにより安定したブラウスになる予定です。

絞りの生地をキャミソールなどに使用する場合は原型の土台布をしっかり作り
その土台布に合わせるようにして絞り部分の生地を載せる様にすると綺麗な形のキャミソールになります。

今回は一重のブラウスにする為 絞り部分のみに裏打つを入れています。

何か ご質問がありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ。