着物地から服やドレスにリメイクをする場合 着物本体を解体して湯のしに出し縫目や生地の汚れをきれいにします。

dsc02170-1

羽織として使用していた物を解きつなぎ合わせた状態です。

dsc02173

こちらが湯のしから上がった状態の反物です。

着物地から色々の物にリメイクする場合は 元の反物の状態に戻してから次のリメイクする物に入ります。

着物の場合は元の反物であったそのままが生地の要尺として残っている場合が多いので 何かに利用する場合は元の要尺分を利用して計画を立てれば良いと思います。

生地に傷みがない場合は生地総て利用することが出来ます。

http://birood.jp/products/kimono/remake-houmongi/ ← 着物地からドレスにした様子をご参考にしてください。