着物地からドレスにリメイク 湯のしから上がってきた反物を裁断し柄の配置などバランスを見て組み合わせます。

着物巾は決まった寸法なのでデザインの中に着物地と服地との調和をしてドレスを作って行きます。

着物の反物一反でドレス一着は出来ますが

全部着物地を使用した場合ドレスの動きの良さや軽やかは出ませんので 服地(ジョーゼット、オーガンジー、サテン)を組み合わせてリメイクドレスを作ります。

着物地は和装の色合い、素材がしっかりあり ドレスやコートなどにする場合素材、色がじゃまをする場合があります。

演奏用のドレスは特に動きやすく、軽やかさが必要になりますので 動画の様に柔らかなジョーゼットなどと組み合わせて作ります。 ソフト感と動きがジョーゼットで表現出来ます。