黒留袖をドレスにリメイクをします。
お体を少し悪くされていて、帯を締める事が出来ないのでドレスにリメイクをして、
結婚式に出席したい とのご依頼を受けた時のものです。

ご希望が 「黒留袖のドレス風」という ことなので 裾模様を着物のような続きにして影で、気にならない部分を利用し、サイズ、シルエットの調整をしています。

裾模様全体に、ドレス素材風の光沢があれば良いと思い
柄部分にオーガンジーを重ねています。柄をすっぽり包むように掛けています。

黒留袖の雰囲気を、そのままドレスにリメイクする場合は 裾模様の続き具合はなるべく残して
襟ぐりが貧弱にならないように気を付けないといけませんね。

着物でお召しの場合は、襟には白の重ねが二重にあり 胸上はしっかりボリームがあります。
裾の大きな柄と上半身の厚み、ボリューム感のバランスは、実によく均等されていると思います。  出来上がった着物のバランスが リメイクするドレスにも取り入れなければ貧層なものになりますので ここのバランスを大変注意をして 制作しています。

今回は八掛の柄が残りますので その柄も使用することにしました。