ワンピースドレスに、アクセント付けに、着物生地を使う位置を、ボディーで確認しながら パターンに書き込みます。

着物地のアクセント付け位置は パターン上だけではなかなか見つけにくく ボディーでの立体での、位置確認からパターンに移します。

IMG_0097

黒のワンピースのポイントに 赤、黒の着物地をアクセント付けにします。
モダンな柄なので シャープなカットラインの位置を探しています。

IMG_0099

パターン上にアクセントの生地を当てて パターン作りをしますが 切り替え位置や別パーツとの接ぎ位置など パターンを作ってゆく、この状態で縫い上がりの様子をイメージしなけらばなりません すっきりした良いシルエットは すでにこのようなパターン作りの工程できまります。

縫いにくいシルエットはそのまま 縫いにくい状態となって仕上がりますのできれいには仕上がりません。
どのようなデザインでも 縫いやすいパターン作成が綺麗なシルエットになって仕上がります。

縫い手が良いから製品が綺麗に仕上がるのではなく 総ては、パターン作成の状態が縫いやすいかどうかで決まります。縫いやすい物は、仕上がりは綺麗になります。

物作りは 仕上がりの完成イメージを描きながら 到達する工程を一つ、一つこなしてゆきます。
自分ひとりで仕上げない時は、その工程をきちんと次の人に伝達する事が大事になります。

パターン作成の時には 生地の伸び分や厚み分、ゆとり分をも総て含んで作ります。

デザイン的に アクセント生地の、とんがりを下にする事で シャープな、すっきしたラインになります。