付け下げ柄の道行を手に入れました。 生地が程よく柔らかくなっていますので ブラウスにもコートのパーツなどにも使えます 柄ゆきを良く見て、リメイクする事にします。

着物生地から、何かにリメイクをする場合は 良く着慣れて柔らかくなった生地は良い風合いを出していますので とてもリメイクしやすいものです。

特にブラウスやドレスの身頃部分 落ち感のある物を作る時に 柔らかく、 ある程度の質感のあるのもが、タックなどを入れた時に良い風合いを出します。

IMG_0075

このように柄のある物は 全部の生地を使わないで 柄に何かをプラス
リボンを鳥の様にアップリケとして付けると 面白い物が出来ますね。

着物で完成された物を見てしまうと その形から抜け出せなくて イメージが広がりません
一度壊して、仕上がり前の反物状態にしてから プランを練ると色々面白い発想が浮かびます。

着物生地がもったいないと思って、全部使い切ろうとすると 柄のある物はインパクトが強く出てしまい、野暮ったくなります。

モダンな柄ほど 使用する生地は少なめが良いと思います。

慌てないで 生地、柄とゆっくりにらめっこをする時間は必要ですね。

着物の柄は 実に多くの柄が市場に出ています。 長い和装の歴史から生まれたものなのでしょう。 柄や生地の持つ風合いを大事にあつかって リメイクをしたいと思います。