良く使い込まれ柔らかくなったた帯地から 小物バックを作りを考案中です。

着物も帯も、良く着こなさないと 生地は柔らかくなりません。 特に帯の場合は硬い織物なのでなおさらです。

「何かに使えたら 使って」 と頂いた帯は 実に柔らかく生地が手になじんできます。
織物になっている柄はサラサ柄のような モダンな柄行きで テーブル掛けも面白いのですが小物を作ってみます。

IMG_0065

そのままの生地の利用も良いのですが 一工夫をすると

IMG_0066

オーガンジーを載せると こんな感じの風合いになります。 光沢が表面に出てくるので洋物風になります。 職人さんの様なきちんとした仕立て では高級感も出そうですが 手芸ぽく作ってみます。

着物地の織物などは 以前の物(アンティーク風)の方が柄や 色具合など 洒落た物が多いですね。 日本人の感性の高さを感じます。 当時の生活の中では照明も暗く家の中にそれほど華やかさや、色は豊富でなかったようですが 衣装に掛ける図柄や色は飛びぬけて素晴らしいものが多くあります。
これらのアンティークな生地は大事に また違う形で復活、使用していただきたいと思います。

以前の着物は着物としては着る事が出来ない物もあります
生地によって糸が部分的に縮でいたり ひざや腰辺りは生地が薄くなっているものもあります。
そのような時の生地使用は 衣装として難しい場合はインテリア(クッション、テーブル掛け)
などや小物としての再利用はいかがでしょうか?

今の生活の中で使うには 表情を変えてみる工夫も必要ですね。