華やかな色の着物 「もう着ないので娘への演奏用ドレスにリメイクしてください」 と持ち込みれた着物を 中学生用のドレスにリメイクしました。 ぼかし柄の付け下げ着物をドレスの雰囲気が出るように服地を間に挟み制作をしました。

600-orennji-kimono

元の着物の様子です ぼかしがポイントの付け下げ訪問着です。

2009_110118kiji0011

着物巾は細く その細幅を利用してドレスの広がりを出す為に別生地を挟んで必要な分量を付けたします。 着物の柄の裾部分をそのまま利用しています。 別生地を挟む事で柄の続きは切れますが ドレスの場合ははっきりわかる柄行きより 飛び柄の方が広がりが出ますので柄が壊れる事に気を付けなくても良いです 今回のこの付け下げ着物は、ぼかし柄なので間に別生地が入っても違和感がありませんが 着物の柄にこだわり過ぎると 動きが必要なドレスや、服などの作り方が縛られてしまいますので 柄に捕らわれない事が大事ですね。

300-doresue 300-jyuride

写真は仕上がりのドレスになります。         ご本人着用の様子です

今回の付け下げの着物は色、柄共に ドレスのに成る雰囲気が十分にありますのでデザインとして難しい物ではありません。 ただし着物の生地は服地よりしっかり重みがありますので 別生地の接ぎ位置に注意をしなければなりません。 別生地はサテン地にオーガンジーを重ねていますので 2枚の生地は動かないようにしっかり止める前工程が必要になります。
着物生地は1枚ですが 別生地は2枚になっていますので、縫製時に注意をして仕上げます。

演奏用のドレスは 演奏中のスタイルと共に ステージに上がる、歩きのスタイルも見られますので裾の広がり具合や身頃とのバランス 演奏がしやすくなっているか など色々の要件に満たすように仕上げなければなりません。 スカートの部分が全体に重くなっていますので 支える身頃の部分はシルエットが壊れ無い様に 芯張をしっかりしておく必要があります。

着物のワンポイントの蝶が、ドレス立姿の時に一番目に付く位置に置いてみました。

身頃は表、裏共生地使用をしています。

着物生地はある程度の重さがありますので 面積の少ない身頃を裏地生地を使うより表生地のしっかり感のある方を使用する方がドレスのシルエットは壊れにくくなります。

着物生地一着を使用しています。